パンドラ獣神化のステータス予想!

パンドラ獣神化のステータス予想!

2017年の元旦に実装された超獣神祭限定のパンドラは、新アビリティ「超重力バリア」「ドレイン」「バリア付与」に加え砲撃型の「追従型貫通弾」など初実装が盛りだくさん。

性能発表された時点でぶっ壊れ確定のキャラでした。「アンチウィンド」が限定キャラについたことでウィンドの時代が来る!と匂わせたのも記憶に新しいです。

当たるか不安で元旦から胃が痛かったです

そんなパンドラの獣神化後のスタータスを予想してみます。

限定キャラなので多少盛っても良いよね!

ワクワク!

性能をおさらい

まずは、パンドラのステータスをおさらいします。

進化神化
闇・反射・バランス型・亜人闇・反射・砲撃型・亜人
ラックスキル:友情コンボクリティカルラックスキル:シールド
アビリティ:マインスイーパーM/超アンチ重力バリアアビリティ:アンチダメージウォール/アンチウィンド
ゲージ:ドレインゲージ:バリア付与
友情:エナジーバースト6友情:追従型貫通弾  
副友情:-サブ:追従型貫通弾
SS:狙った方向にパンドラボックスで攻撃(23ターン)SS:5人に分身&号令(24ターン)

進化は、貴重なセットのアビリティで直殴りクエスト向け。実装当時は、神化が猛威を振るってましたが、年月が経つにつれ進化の方を使う機会が増えた印象ですよね。

グングニルαと似たSSを持っているので、進化のSSを引き継いでも面白そう!

神化は、何と言っても友情コンボの「追従型貫通弾」「分身号令SS」ですよね。パンドラと言ったらこの2つが代名詞!「追従型貫通弾」を持ったキャラが増えたのでそろそろ超強化してほしいです。

最近は、分身号令に期待してない感もあるけど・・・

アビリティは進化、友情は神化ベースになりそうですね!


スポンサーリンク
Advertisement

 

パンドラ獣神化性能予想

獣神化性能予想
闇・反射・砲撃型・亜人
ラックスキル:友情コンボクリティカル
アビリティ:超AGB/超MS/アンチウィンド
ゲージ:ドレインキラー
友情:ツイン追従型貫通弾
副友情:エナジーバースト6
SS:スピード、パワーUP&触れた敵にぜつぼうくんが追撃(20+8ターン)

新アビリティ:ドレインキラー

進化パンドラの超AGBからのドレインの回復力の多さに驚いたって人多いと思います。パンドラの強みでもあるのでドレインは残して欲しいなーと思います。さらに「回復する度に攻撃力が上がったらいいなー」という願望が「ドレインキラー」になります。

なんか名前がピンとこないね

思いつかなかったのです・・・

新友情コンボ:ツイン追従型貫通弾

説明するまでもなく、ツイン反射レーザーの様に発射される追従型貫通弾です。多くの方がツイッターなどで予想しているのを見かけてこれはイイなと思ってそのまま採用させていただきました!

パンドラ神化の友情を純粋に強化したって感じでいいよね!

ぜつぼうくんが追撃するストライクショット!

「スピード、パワーUP&触れた敵にぜつぼうくんが追撃」

パンドラ進化は、超AGBを生かせないSSだったので自強化+パンドラボックスを投げる仕様ならいいと思いました。

モンストはキャラにストーリーを含ませるのが特徴なので、獣神化しても「パンドラボックス」を投げるのはおかしいだろうと思い「ぜつぼうくん」に追撃してもらう様に予想しました!

ぜつぼうくんのイラストの変化も気になります!

ちなみにぜつぼうくんとは

ぜつぼうくんとは、パンドラボックスから飛び出した不思議な生き物で、パンドラのお供です。

目からビームも出せるんです!!

ちなみにパンドラとぜつぼうくんが活躍するモンストアニメのあらすじはこちらから読めますよ!


スポンサーリンク
Advertisement

 

パンドラ獣神化ステータス予想まとめ

やっぱり限定キャラの獣神化って誰もが期待してるし発表された瞬間ゾワゾワってなると思うんです。

皆さん、それぞれパンドラの獣神化ステータスを予想していると思います。その時間ってやっぱり楽しいですよね。

この記事は、そんな楽しんで予想している人、楽しんでモンストをプレイしている方々に少しでも楽しいをプラスできる様になれば良いなと思って書いています。

予想なんかしても意味ないじゃん!
と思う方もいるかもしれませんが、予想が当たった、外れたなんてどうでもいいのです。学校や職場、それぞれが楽しんでいる空間であーだこーだと話をするネタになればいいのです。

このブログは、ここにあたなと同じ様にモンストを楽しんでいるプレイヤーがいるよという証明です。これからも、中二病全開で予想していきます。

自分の予想と同じ!いや全く違う!などの意見があればぜひ@kajyu001
まで連絡お待ちしております。

それではまた!