【お知らせ】ブログタイトルを[MONSTOPIC モントピ]に変更しました!

モンストアニメ『ノア 方舟の救世主』第1話ネタバレ感想・戦闘のかっこよさがたまらない

モンストアニメ『ノア 方舟の救世主』第1話ネタバレ感想・戦闘のかっこよさがたまらない

2019/07/27より始まったモンストアニメ「ノア 方舟の救世主」!
面白い要素が詰まったアニメなので紹介していこうと思います。

・星を脱出するSFファンタジー間たっぷりの物語設定
・終末感のある、萌える時代設定
・男キャラ(イケメン)主人公ならではのかっこいい演出

アニメ1話を見ると大いに期待できそうな内容です!

それではさっそく第1話ネタバレ感想を載せていきたいと思います。
良ければお付き合いください。

スポンサーリンク
Advertisement

アニメ『ノア 方舟の救世主 第1話』あらすじ

“- 約束だ。一緒にこの星を脱出しよう。-

文明が崩壊し、砂漠とゴーストタウンだけが残る星。
ノアは、動物たちを助けるために、1人方舟を作っていた。
そこに別世界から現れるパンドラと天聖・ケセド。
崩壊の原因は?ケセドの目的は?そしてノアの運命はーーー?

【ネタバレあり】モンストアニメ『ノア 方舟の救世主』の感想

パンドラクリニックで天聖ケセドのお悩み解決!?

アニメはいきなり”パンドラクリニック”のコーナーが始まりました。
パンドラクリニックは患者の悩みにグイグイ迫る圧迫面接型相談室!

張り切ってるパンドラが可愛い

 

パンドラは天聖ケセドの悩みを解決するためにぜつぼうくん型の宇宙船に乗り込みどこかに向かいます。

 

場面はオラゴンがいる部屋に切り替わります。

オラゴン:「クールなお姉様のルシファー、激マブセンターのアーサー、年下フレッシュのソロモン、超絶ドジっ子のパンドラ。この4人をカリスマ司令塔のオラ様が率いればストライクワールドの平和はおろか…今年の紅白だって狙えるである!

 

そんな妄想をしつつ、残る1人の主人公が誰か気になっているオラゴン。

 

いつもと違い静かな箱のオッチャンですが、そこに謎の影の存在が…

スポンサーリンク
Advertisement

地殻変動後のロストシティ

やっとバイクに乗ったノアが登場します!

ノアが見ているメアリー速報という動画では、世界中で起きている地殻変動の原因が3年前にコボルトシティに墜落した隕石だということが言われています。

そして、星の生物が3分の1にまで減少しているロストワールド的な世界観であることが説明されました。

 

どうやらノアはこの世界でオーブのかけらを集めているようです。

 

ノアはアダプターと呼ばれる、謎の機械生命体のようなものに狙われている猫を見つけ戦闘になります。

 

アダプターの触手から繰り出される連撃に、機械化した装備を利用したスピードで応戦するノア。

苦戦して捉えらてしまいます。

 

しかしノアは、体中に取り付けられたジェットで体を超回転させて、その勢いを利用したパンチを敵に打ち込むことでなんとか倒すことができました。

スポンサーリンク
Advertisement

オペレーティングAI オペコは感情豊かなコメディ担当!?

なんとか助けた猫ですが、左前脚を負傷してしまいました。
ノアは機械の脚をつけてあげます。

 

その後ろからデジタルホログラムのオペレーティングAIのオペコが現れました。

 

オペコ:「ノア ムチャしすぎ!」
オペコ:「もう心臓に悪いんだから!」
オペコ:「そりゃ 私には心臓はありませんよ ないけども あればの話!」
オペコ:「ねえ 聞いてる?」

ノアは猫に夢中で全然聞いていません(笑)
それでも、「ずっと1人ぼっちで寂しいね」とノアのことを思うオペコ。

オペコのキャラクター性が伝わってきます。
心の声が文字でつい出てしまうオペコ(笑)

オペコ:「お父様、あなたとの約束どおり ノアを必ず1人前の男にしてみせます」
オペコ:「今日こそこの童貞を殺すセーターで!」
オペコ:「ねえノア。このセーター似合うかな?」
しかし、疲れて熟睡しているノアはオペコに反応しません。
そんなノアにホログラムなので、触れることができないオペコ。
少しもの哀しげな表情です。

スポンサーリンク
Advertisement

パンドラ&ケセドそして旅たちへ

翌日、謎の落下物警報で現場に駆けつけると、そこには飛来したパンドラとケセドの姿が。

 

ノアに助けられた2人。
とりあえず街に案内して欲しいと尋ねるが、この星に住んでいるのがノアだけだと聞いて空いた口が塞がりません。

 

パンドラたちがやってきたのは、80年前に起きた地殻変動の影響で、生命のほとんどが絶滅した世界であること。
そして、ノアは生き残った動物たちと宇宙へ脱出するため箱舟を作っているとオペコが説明します。

 

ケセド:「そうか で、いつ飛ぶのだね?」
すぐに帰れると思ったケセドでしたが、動力となるオーブが足りなくてすぐに飛べないと言うノア。
動力の半分貯めるまで80年かかったと聞いてケセドは落胆します。

パンドラ:「ねえねえ」
パンドラ:「オーブならあるドラ」
なんと自分のリボンはオーブに反応するようになっているからオーブはあると言いました。
しかも、かなりの大きさのオーブがあると言います。
なぜか気乗りしない様子のノア。
どうやら知っている場所のようです。

しかし、オーブを手に入れるため行く決心をします。

減っていくオーブ
砂に埋もれていく街
なんとなく気づいていた
この星の未来がこれまでと同じ保証なんて何もない
僕らはみんなでこの星を脱出する
それが父さんの…そして僕の夢だもの

オペコ:「ノア…」

 

こうして改めて4人(うち1体ホログラム)は旅に出たのでした。
この滅びゆく星の片隅で…

スポンサーリンク
Advertisement

モンストアニメ「ノア 方舟の救世主」まとめ

まずは、メカや荒廃した世界とか個人的にはどストライクな世界観でした。
男性はこういうの好きですよね。きっと。

ノアというキャラクターも体の一部を機械化しているのはアプリの方でわかっていましたが、どんなギミックなのか実際動いているところを見ないとわかりませんでした。

 

今回の1話では、ノアの戦闘シーンが大きな目玉だったと思います。

こんなの無料で見ていいの?と思うくらいかっこよく、そしてスピード感あふれていました。

 

普段は平常心で口数が少ないノアですが、バトル中は機械の体を駆使して動き回る!
このギャップがたまらなんですわ!!
これだけでも見る価値があります。

そして、ノアの周りにも魅力的なキャラクターたちがいっぱいいました。
・オペレーションAIなのに感情豊かな「オペコ
・腹に一物抱えていそうな天聖「ケセド
・荒廃した世界に似つかない元気いっぱいの「パンドラ

パーティメンバーとして個性が立っていますね。
ボケ担当しかいなそうです(笑)

1話の最後には、星の半分がなくなっているショッキングな映像が流れました。
この物語が壮大な話だという確信ができて、笑の中になかなか重い話がある。
そんなアニメなんだろうなと思っています。

気になった方は是非、「モンストアニメ『ノア 方舟の救世主』をyoutubeでご覧ください!